山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

戦時中、敵性音楽の追放にささやかな抵抗をしたレコード屋はありませんでした

この記事は私の思い込みによって書かれた文章で、真相はこういう感じであった。 ここで述べられている「聴覚訓練は先づレコードから」は「聴覚訓練音盤」のことで、1943年3月新譜で初等科3,4学年用レコードが発売されたので、その宣伝でしょう。洋楽は当時も…

自宅でピザを焼く

最近はピザを作って遊んでいる。味も安定してきた。 以前も何度かピザを作って遊んでいた時期があったんだけど、イマイチって感じであった。 この時代は先に生地を焼いてから、上に材料をトッピングするといったスタイルで作っていた。参考にしたレシピはこ…

服の襟に意味はない

最近はたまに「(年相応に)襟のついた服を着たほうがいいですよ」みたいなこと言われることがあるんだけど私は絶対に襟のついた服を着たくない。なぜなら服の襟に意味がないと思うからで、絶対になにがあっても服の襟には意味がない。意味がないものをつける…

かって葡萄酒は健康飲料だった

かって国産ワインは健康飲料だった。 京城日報 1918-10-26 規那鉄葡萄酒は違和感のある名前だが、規那(きな)はキニーネの原材料となる植物、鉄はそのまま鉄分で、ようするに超健康に良い葡萄酒だということなのだろう。 京城日報 1918-04-18 赤門葡萄酒は東…

食べるのは一瞬問題

時間をかけて料理を作ったのに食べるのは一瞬だなといった感情があるけど、あれってちょっと変だと思う。異常なまでに硬くて変な臭いがするため、食べるのに30時間ほどかかる食事を30時間かけて作ったとすると、調理の食事の時間が均等になるけどそんなこと…