山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

国葬雑感

ただの雑感です。 やらなくていいと思うけどやりたいならしたらいいと思う するならちゃんとやれよとは思う 国葬の特設サイト的なもの軽く探したけど発見できなかった 結局なにするか分からなかった デジタル献花プロジェクトってのがあってヘーって思ったけ…

明治時代の苦学生を騙す貧困ビジネス

苦学生を失敗させて儲けよう 明治の三〇年あたりから昭和一五年くらいまで苦学が流行し続けた。苦学とは自ら稼ぎながら学資を得て学校を卒業することである。 戦前の苦学生は基本的に失敗する。なぜなら苦学を失敗させるような仕組みが、明治三五年には構築…

人類史上最難関試験が明治大正時代に実施され一矢報いる者たちがいた

最難関試験が明治大正時代に実施されていた 専検試験の難易度について 師範学校は危険 赤鬼がみなふるひ落す 合格者ゼロ人試験 一矢を報いる者たち 試験の難しさ 最難関試験が明治大正時代に実施されていた この世の中には難しい試験が存在する。難しい試験…

明治大正時代の学生の戦闘力とその強さの理由

今回は明治大正時代の学生や書生の戦闘力と、その強さの理由について考察していく。 フィクションで活躍する学生たち かって学生や書生が一種のヒーローであった時代があった。そして明治から大正時代には、学生や書生を主人公とした冒険活劇がいくつも書か…

国立国会図書館デジタルコレクションが便利すぎて知能が無理になり頭が狂いそうになったのでなんとかした

国立国会図書館デジタルコレクションを使い始めてもう15年になる。昔は牧歌的な時期もあり、面白そうなタイトルを選び、チビチビ楽しみながら読むといった感じであった。ところが国立国会図書館デジタルコレクションが際限なく良くなっていくため、どんどん…

自助と立志はセットです

自民党は「自助」って言葉をよく使うらしい。ちょっと調べたところ以下のようなものがあった。 自助・共助・公助、そして絆 日本の文化、伝統、歴史に裏付けられた英知の結集と「自助」「共助」「公助」の精神を総動員する 「自助」は、日本人が大切にしてき…

個人向けデジタル化資料送信サービスをメモする

この記事には「個人向けデジタル化資料送信サービス」をメモする際に、一緒にスクショをとっておくと便利だということが書かれている。 私が国立国会図書館デジタルコレクション(当時は近代デジタルコレクション)のメモを始めたのは2011年のことで、今では70…

デジタルライブラリーと無料のパソコン

これはデジタルアーカイブを使って知的な活動をし始めた若い人向けに書いている。 「国立国会図書館デジタルコレクション」で「個人向けデジタル化資料送信サービス」が提供され話題になっている。興味のない人は意味が分からないと思うので超簡単に説明する…

「さん付け指導」の今と昔

小学校で「さん付け指導」が行なわれていることのことだ。 www.yomiuri.co.jp 「あだ名」「呼び捨て」は禁止、小学校で「さん付け」指導が広がる 「さん付け指導」が行なわれている理由は「あだ名がいじめにつながるケースがあるため」とされているが、大山…

国立国会図書館デジタルコレクションの遊び方

国立国会図書館デジタルコレクションは最高である。 「国立国会図書館デジタルコレクション」が面白い まずは遊んでみる 使いまくりたくなったら準備しておくと効率が良い 無料でできる 検索演算子だけ覚えておく 国立国会図書館デジタルコレクションの使い…

ゴールデンカムイの不死身の杉元と明治の不死身キャラの類似性とその進化について

ゴールデンカムイが完結した。せっかくなので全部読んだ。主人公がやたらに「俺は不死身の杉元だ!!」と叫ぶのを読むうちに、そういえば明治時代にも不死身キャラがいたなと思い出し、少し似ているところがあるなと、軽い気持で書き出したのがこの記事なのだ…

子供に説明するのは難しい

実家で妹の子供に質問されたんだけど、説明するのが難しかった。 妹の子供とは何回か会ったことはあったものの、これまでは普通に嫌われていて、私が刺身を食うと泣き叫ぶといった雰囲気であった。ところがなぜか今回はものすごい勢いで遊ばされて謎だった。…

恵まれた人の苦労話が嫌われやすい時代

スタンフォード大学に入学した若者が批判をされていた。当事者の人や出来事そのものに対して思うところは特にないが、その批判のされ方はかなり興味深かった。揉め事を面白がっていたわけではなく、ここ数年、調べている領域に関係していたからだ。しかし私…

0秒チキンラーメンが悩ましい

ここしばらく断続的にチキンラーメンの卵を固める活動を続けていて、かなり美しく固めることができるようになってきた。 しかし私はチキンラーメンがあまり好きではないという問題を抱えていた。たまに無性に食べたくなる懐しい味なんて話をたまに聞くが、私…

江戸しぐさの謎と意味のないことを教えるヤバさ

江戸しぐさがよく分からない。 今では嘘っぱちだと周知されているようだけど、過去にも昔の出来事を利用した大小のキャンペーンは行われていて、例えば豊臣秀頼は薩摩に逃げてスペインに攻め込もうとしていたとか、地域の偉人の業績を過大に宣伝するだとか、…