読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

舞姫の主人公をボコボコにする最高の小説が明治41年に書かれていたので1万文字くらいかけて紹介する

明治の人々 明治文化 趣味の発表

舞姫の主人公をボコボコにする小説が明治41年に書かれていたので1万文字くらいかけて紹介したいと思います。

  • 舞姫の主人公を殴れば解決するのでは?
  • 冒険旅行ブーム
  • 島村隼人、エリスに刺されそうになり豊太郎を殴ることを決心する
  • 舞姫との差異
  • ハイカラを討伐しよう
  • アフリカ人と帰国しよう
  • 世界統一ブームがあった
  • 豊太郎廃人となる
  • 舞姫のために
続きを読む

強すぎる兵隊ギャグについて

趣味の発表

かって日本兵は強いっていうのがあった。

f:id:cocolog-nifty:20170205201213p:plain

普通の人はこの辺りのことを丁寧に調べたりしないから、なんでもかんでも戦意高揚のためのものだろ悪だッ!! みたいな認識だと思う。しかしながら日本はすごい!! だから日本兵が強いってだけで終わらずギャグになってしまう。例えば下のイラストだと日本兵がロシア兵を大砲で殴って殺したりしている。

f:id:cocolog-nifty:20170205201301p:plain

オーマイガッ、なんてソウルフルなんだ! 感銘を受けたよ! 日本兵が大砲でロシア兵を殴り殺している! これだから日本が好きなんだ!私が以前日本に行った時にはこんな日本兵はいなかったな。今度日本に行ったら絶対に探してみるよ! という感じで外人もビックリすると思う。

本当に日本兵が強いかどうかは知らないが、大砲で殴って人殺すのは難しいと思う。逆に敵兵が弱すぎてヤバいみたいなギャグもあって、ロシア兵に関するものはこちらに少しまとめてある。

ch.nicovideo.jp

さらに真面目に書いてるんだけどギャグになってしまうパターンもあって、江戸っ子の馬丁がロシアに渡り、ピンチに陥った日本軍を天秤棒で助けるっていう芝居なかがある。なぜ天秤棒なのかっていうと、江戸っ子の代表ともいえる一心太助の武器だからなんだけど、天秤棒持った江戸っ子が武装したロシア軍殺すの無理だろみたいな雰囲気がある。あと日本兵が幽霊になってずっと鉄砲を打ち続けるから外人泣きながら死ぬとか、クダらねーから一々全部書かないけど、強すぎて意味分からねぇよみたいな作品はわりと多い。

難しいのがこういうのは真面目に読もうと思えば真面目に読めるっていう点で、真面目に読んでいた人もいるし、笑いながら読んでた人もいる。この辺りのことも以前に書いたことあるのでよろしければどうぞ。

ch.nicovideo.jp

残念ながら戦争が厳しい状況になってくると、こういう表現は少なくなってくるんだけど、戦前に自国の兵隊が強すぎるっていう状況を使って人を笑かそうとした人間がいるっていう事実が私はわりと好きです。

若者はオッさんムシって良いと思う

趣味と社会

すでに私はオッさんになってしまったんだけど、すぐに足が疲れてきてダルダルになってブラブラする。すごいブラブラするから足に意識が集中して、知能の低下もただならぬ状態である。こういう人間から学ぶことがあるのかっていうと、皆無だと思う。

俺の足がブラブラするっていうのは事実なんだけど、最近は若者と仕事することが多い。若者というものはすごい。元気だし勢いがある。あと最近の若者は真面目で勉強もきちんとしていて、基本的に偉い奴が多いと思う。私は足がブラブラしてるし会話も面倒なので若者と仕事するの邪魔くさくて仕方ない。だから全部若者に仕事してもらってるんだけど、若者は全部仕事するから偉いと思うし、もう若者はオッさんとかムシって勝手にいろいろしたほうが良いと思う。

そもそも今のオッさんというのは若い頃にオッさんとかジイさんとか初老に最近の若者は駄目だッ!! とか言われてきた世代である。若者の頃に駄目だった奴はオッさんになっても駄目だと思う。いや俺は若い頃から駄目じゃないし、今も全然駄目じゃないお前と一緒にするなって思ったオッさんいると思うけど、我々が若者だった頃は『年長者に逆らうなどもっての外だ』というルールがまだ生きていた。お前が若い頃に駄目じゃなかってって主張した時点で、貴様は年長者に逆らう人間の屑になるからな。どっちにしても俺らオッさんはもう駄目だ。だから若者が全部仕事したほうが良いと思う。

いやいや俺の周囲のオッさんの中にはすごく出来る人いるぞっていう若者がいるかもしれない。しかしオッさんは惰性で過去の動作を繰り返しているだけの自動人形(オートマタ)みたいなものである。優秀なオッさんが歩行している時に、いきなり後頭部殴ったら一瞬動き止まると思う。なぜなら自動人形(オートマタ)だからで、オッさんは予想外の動きに反応できない。君が尊敬していたのはオッさんではなくて、過去にオッさんがした動作でしかない。予想外の動きに反応できるのはやっぱし若者で、もう若者が全部仕事したほうが良いと思う。

とにかく若者は自信を持ったほうが良い。私はもうオッさんだから思い出せないんだけど、多分デカルトが方法序説にこんなことを書いていた。

方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)

若い頃にものすごい考え抜いたことを、オッさんになった今になって考えると、違った結論が出てしまう。しかし今よりもずっと頭が良く、精緻に考えるだけの体力のあった頃に出した結論をオッさんとなり劣化してしまった自分が覆すことは愚かなことである……みたいな感じなんだけど、確かに同じ材料を同じ時間かけて同じ知識量で考えると過程すると、絶対にオッさんより若者のほうが良いものを出力すると思う。だから若者は色々なことを考えておいて、オッさんになった時に備えるべきである。そして若者のほうがオッさんより偉いって結論も出てるんだから、もう若者が全部仕事したほうが良いと思う。そういやあれ書いたのデカルトじゃなくてキケロ?だった気もしてきたけど、気にはなるものの調べるほどの情熱もないしやっぱりオッさんは駄目だと思うので若者がんばってくれ今日も読んでくれてサンキュー!!!

老年について (岩波文庫)

老年について (岩波文庫)