読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

断捨離もミニマリズムも風水も言い訳としてのツールだと思う

簡易生活

戦後しばらくして日本には、色々な生活法みたいなものが発生している。その中に物を整理整頓して減らそうというものがある。

古くは整理整頓術だとか風水、最近だと断捨離やミニマリズムなどが存在している。それらの方法は間違ったことは主張してない。好みの問題って部分はあるけど、書かれているのは普通で当り前のことばかりだと思う。

物を減らしたほうが暮しやすいってのは当然で、ハサミが1000個ある生活と、ハサミ3つくらいの生活、どちらが暮しやすいのかというともちろん少ないほうである。刃物屋さんであったり、ハサミが趣味なら別だけど、普通の場合は適切な量だけハサミがあるほうが暮しやすい。当り前としか言い様がない。

こういうことは手工業から近代的工業に移行し、物質の生産量が増え始めた頃から色々な国で主張されている。もちろん日本にもそういう考え方は明治時代からあった。万国共通の真理である。

様々な方法を実行するのは良いんだけど、私があまり好きじゃないのは、日本だと言い訳のためのツールになっちゃってるってところである。

言い訳のためのツールってのがよく分からないかもしれないので実例を出すと、家にある使っていないタンスを捨てたいと思うとする。しかしながらタンスは破損してなくて12分に機能する。そうするとこれを捨てるのはもったいないという気持が発生する。自分には発生しないかもしれないけど、同居人がそう思うかもしれない。タンスくらいさっさと捨てりゃいいんだけど、これがなかなか出来ない。

ところが使わないタンスをこの場所に置いておくのは風水上あまり良くないっていう理屈があると、自分やら他人を納得させることができる。だからタンスを捨てることができる。捨てないことはタンスに執着していることであり、それが心の重荷になり身軽に生活できなくなってるっていう理屈でもいいし、タンスを捨てて物を削ぎ落すことによって本当の人生が発見できるとかいう戯言でもなんでもいい。とにかくそういう理屈がないと普通に生活を改善することができない人々がわりと多い。

こういう言い訳やら理屈をスッ飛したほうが効率が良い上に個人のパフォーマンスを限界まで引き出せることは確かなわけで、私は残念だなって思う。

物を減らすってことだけに限った話ではなくて、例えば家事の外注だとか食器乾燥機の導入とか、なんでもかんでもそうだと思う。普通にこっちのが便利だからそうするってことがなかなか出来ない。絶対にコスパとか言い出す奴がいる。

これが戦前だとちょっと違っていて、普通に最高の暮しをしたいってのが通用してた。

f:id:cocolog-nifty:20161205181552p:plain

そこには理由はないし、理屈もいらない。良くなりたいからするだけである。

もちろん当時もやっぱり不合理な人間がいたり、老人とかの頑固な奴らもいたけれど、国全体として俺らハッピーになりたいからもうちょっと良くしようぜっていう理想やら希望があった。

なんでそんなことになってしまったのか? 私は簡易生活に興味があってわりと詳しいので、簡易生活だけに限ると戦争中の物資欠乏が原因だと思っている。

簡易生活には必要なものだけを手許に置いておいて、虚偽虚飾のための物質は排除しようっていう考え方がある。もちろん鶏を飼って卵を売って金儲けをしようだとか、椎茸を栽培すると得だとか、今とは大分違うところもある。

f:id:cocolog-nifty:20161205181838p:plain

あー兎を育てて毛皮にして売るとかもあったな、そういった現代とは似わない事柄はあったにしろ、無駄なものって無駄だしより良い暮らしをしたいよなっていうのが簡易生活の考え方だった。あんまり関係ないけど、科学に希望があったりした。

f:id:cocolog-nifty:20161205181928p:plain

ところが戦争が始まると物資が欠乏する。無駄をなくすもなにも、無駄なものなんか手に入らねぇよっていう時代になってくる。こうなると今あるものを保持する方向に進んでいく。この時に役立つのがその辺りの紙を保存しておいて再利用するだとか、貧乏クセー考え方である。実際に役に立たないんだけども不安すぎるからゴミを溜め込んでおくと安心する。

f:id:cocolog-nifty:20161205181951p:plain

葉書を集めて手文庫を作るのが悪いのかっていうと別に良いんだけど、今なら100円ショップでプラスチックの入れ物を買ったほうが早いと思う。入れ物が必要なのに葉書を集めるところから始めるってのは、かなりの狂気があるし不合理だと思う。だけど不合理にすがるしかない時代もあった。こういうのってのは仕方ない。そしてその不合理は長く生き続ける。ビンビールのフタを溜め込んでたバアさんとかはこういう習慣が染み付いてたんだと思うし、今もグッチ?みたいなのの紙袋を使い続けてる人とかいて戦時中の風格がある。

こういう考え方が戦争の少し前から盛り上がったことは確かなものの、その萌芽は簡易生活も持っていて、二宮尊徳や大原幽学などの農民指導者の考え方も取り込んでいた。節約術として廃品利用も流行している。明治や大正時代でもやっぱりどんよりした部分やら、ジメジメした部分は存在した。あと戦争中や戦後、そして昭和の出来事については私はあまり知らない。色々なことを経て今の日本になってるのが当たり前なわけで、今の状況ってのは日本に住んでいる人たちが選んだことなんで、これはこれでいいんだと思う。

それでも私は言い訳としてのツールが必要な人々よりも、明治大正の一部の人々が持っていた俺たちは良くなるんだからお前らは黙ってろっていうカラっとした考え方がすごく好きです。歴史に『もしも』はないとは言うけど、簡易生活的な考え方がもうちょい上手に発展してたら日本の社会の有り様は変っていたような気がしないでもない。

明治文化を理解するために必須の概念『簡易生活』について

簡易生活

簡易生活があった!

ここ最近、簡易生活というのを調べている。明治から終戦くらいまで流通していた今でいうところのライフハックなんだけど、かなり広い分野に影響を与えていてなかなか面白い。

f:id:cocolog-nifty:20161202144119p:plain

私が以前から調べている『講談速記本』と同じく、知らなきゃ明治の文化は正しく理解できないんじゃないかなって思う。

日本の文化にはとても良いものが多いんだけど、太平洋戦争っていう大事件を挟んでしまい、かなり歪んだ形で現代に伝わってしまっているものも多い。簡易生活もやっぱりそれで、本来の姿を知っておくと、現代文化を理解するのにも役立つかもしれない。

f:id:cocolog-nifty:20161202144148p:plain

  • 簡易生活があった!
  • 簡易生活の難しさ
  • 簡易生活とは?
  • その始まり
  • 簡易生活が社会に与えた影響
  • 簡易生活の変化
  • 備考と感想
続きを読む

賃貸住宅を探すのは楽しくなってたけど不動産会社と契約とかは昔と同じだった

趣味と社会 趣味と生活

この間に引っ越そうと思ったんで、インターネットで部屋とか探したんだけど、メチャ楽になってて最高だった。

suumo.jp

chintai.mynavi.jp

見ると分かるけど、自分の条件を入力したら部屋の一覧が出てくる。アマゾンでモノ探すのと同じである。こういうサイトは引っ越ししようと思わないと見ないんで、こんなことになってるって知らなかった。ちょっとビックリしてしまったよ。

以前だと引っ越ししようと思うと、不動産屋さんへ行って部屋を探す必要があった。不動産の会社っていうのは独自の雰囲気があって、店員さんが物件の紙をすごい出し渋りながら見せてくれて、車に乗せられて部屋を見物に行くとすごい焦らせてきて無理矢理契約させられるんだけど、その契約もメチャ複雑で何度も何度も執拗に住所を書かされるといった感じで、とにかく最悪だった。引越しとか絶対にしたくないって思わせるに十分な嫌さある。

しかし今はスーモ?とかマイナビ賃貸で検索したら、住みたい部屋がズラーって出てくる。サイトも楽しい雰囲気で、ディズニーランドみたいだなーって思ったんだけど、部屋を決めて不動産の会社へ行くと店員さんが物件の紙をすごい出し渋りながら見せ始めたんで、おやおやなんか想像してたのと雰囲気が違うなーって思った。

とにかく部屋を見せてくれって言うと、出し渋りながら物件の紙をさらに見せ付けてきて、もう見たくないですって発言したら、車に乗せられて部屋を見物に行くとすごい焦らせてきて無理矢理契約させられるんだけど、その契約もメチャ複雑で何度も何度も執拗に住所を書かされるといった雰囲気であり以前と全く同じでヤバかった。とにかく住所を何度も書かされて、保証人?みたいなのの生年月日と住所も幾度も書かされて、ハンコも10個くらい押さないといけないんだけど、同じ情報を執拗に求めるの意味が分からない。

こっちは住所を一回書いてる。そんなに俺の書いた住所の文字列好きなら、拡大コピーして貼り付けておけば良いだろ。役所も何度も住所を書かせてくるんだけど、あいつら全員頭が狂ってるとしか思えないし、スーモとか使ってた時の楽しさ皆無であった。まあ部屋を貸すってのはお金を貸すのと同じようなもんだから、慎重になるのは分かる。でもあの雰囲気と、意味ない文字列を何度も書かせるのは狂ってるし最糞の経験である。俺は書類書かせるのは不動産屋さんの仕業だと思ってたんだけど、どうやら管理会社という悪の結社が書かせてくるらしい。不動産屋さんがハンコの種類違うとかここの記述が間違ってるとかゴチャゴチャぬかして俺を呼び出してくるんで、2回くらいは応じたけど3回目は頭にきたんで管理会社の奴を呼んで俺が書いてる間ずっとチェックさせろ間違ったらその場で書き直すからそれじゃなきゃ俺はもう二度とハンコも押さないし住所も書かないって怒ったら、管理会社が急に黙ったんで本当は意味ない行為なんだと思う。

この状況はミッキー?みたいな着ぐるみ野郎が「楽しい世界へ招待するよッ!」とか叫んでるから愉快な外見の建物に入ったら(ここまでがスーモな)苦虫噛み潰したような顔した意味分からないオッさんが5人くらい座っていて、いきなり圧迫面接させられる(賃貸の奴ら)ようなものだと思う。とにかく最悪でクソみたいな経験だった。

ところで私は昔の文化を調べて遊んでいるんだけど、過去によく起きてる不思議な状況のひとつに、技術的に可能であっても習慣を超えることが出来ないっていうのがある。

cocolog-nifty.hatenablog.com

スーモだとかマイナビ賃貸っていうのは技術が発達して出来たもので、何度も住所書かせてハンコを押させるっていうのは習慣であると同時に形式でもあり、つまりは文化である。文化を変えるにはすごい時間がかかるんだけど、技術が先に愉快なものを作っちゃったんでバランスおかしいみたいな状況で、なかなか面白い経験ではあったと思うけど、引越したらクーラーと湯沸しからドバドバ水もれて使えない状況だった。それじゃ管理してもらおうじゃないかって思って呼び出したんだけど、あんな意味ない契約書を何枚も書かせる奴らはすごい無能なんだろうなーって想像してら、管理会社から本当に無能がやって来てヤバかった。ペンチもって「ガス屋さんがガス屋さんが」って言いながらずっと部屋の中をグルグル回ってて、流石の私もビックリしてしまい最終的にクーラーと湯沸しはインターネットで調べて自分で直した。管理会社の奴はなぜかありがとうございますと言い残して帰っていきました。