読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

明治のレシピには火加減がほとんど出てこない

明治あたりのレシピ本には火加減がほとんど出てこない。大正時代のレシピでも火加減はこういう感じ。

f:id:cocolog-nifty:20170116201706p:plain

『ゆるゆると煮』

この他に、ぽち火というのもあるけれど、強火、弱火という表現はほぼない。なぜに火加減についての言及がないのかというと、当時の台所が貧弱だったからである。まだ木炭が主流で、火力の調整もままならない。それでもなんとか改善しようと色々な人々が努力をしていた。

f:id:cocolog-nifty:20170116201752p:plain

これは明治35年の製品、煙が少なくエネルギー効率の良さがアピールされている。火力の調整よりも効率や安全性を追い求めていた時代だ。

もうひとつ明治42年の炒牛肉のレピシを紹介してみよう。

f:id:cocolog-nifty:20170116201903p:plain

『炒める』という表現ではなくて『煎る』となっている。料理をする人は、このレシピだとちょっと味のボヤけたものになるんじゃないのかっていう疑問を持つかもしれない。これは恐らく当時の家庭環境に合せて最適化したレシピなんだろうと思う。調理環境はもちろんのこと、手に入る食材や調味料、今とは全てが違う。当たり前だが環境が変わるとレシピも変わる。

ちなみに明治35年の最新鋭のキッチンがこれ。

f:id:cocolog-nifty:20170116202025p:plain

http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/276/index02.html

有名な大隈伯爵家の台所で、ガスを使っている。着火装置なんてものはなくて、マッチで火を付ける。こういうガス台と同じ仕組み。

オーブンもあるし火力の調整も可能、このキッチンならまともな中華料理も作れるかもしれない。余談になるけど、天井がガラス張りで明るいっていうのも大きな特徴で、当時としては模範とすべきとされていた。

しかしこれは大隈重信だから出来たこと、この台所では毎日50人分の食事を作っていたし、温室で野菜の栽培もしていた。こういったキッチンが普通の家庭にまで普及するのは、まだまだずっと後のことである。

話がズレちゃったけど、レシピ本と一般的な調理環境が深く関わっているってのは当然のお話。しかし実際に見てみるとかなり面白い。手許にある昭和60年のレシピ本には、電子レンジを使った調理方法がひとつも出てこない。

この時代だとすでに電子レンジの普及率は40%くらい、それほど珍しいものでもない。レシピの考案者がレンジになじみがないから省いたのか、誰でも使えるレシピ本にしようと意図的に使ってないのか、そういうことを考えてみるのもなかなか良い暇潰しになるというわけで新年明けまして読んでくれてサンキュー今年もヨロシクッ!

土井勝 お弁当と常備菜

土井勝 お弁当と常備菜

1080円で1日遊ぶ

簡易生活

私はたまに1080円を持って、100円ショップへ遊びに行く。1080円あれば10個のアイテムを購入することができる。それでテーマを決めて買物をする。

例えば調理環境を改善するだとか、風呂場をなんとかすだとか、そういう感じである。ポイントは調理環境を改善するっていうテーマの場合であっても、全てのコーナーを回ることで、思わぬ場所に思わぬアイテムが発見できたり、奇妙な形の道具を眺めながらなにかに使えないのか思索したりするとかなり面白い。

100円ショップは系列によって販売されている商品が微妙に違ったりするので、いくつか回るとより面白い。10個くらい余裕だろって思うかもしれないけど、同じ目的かつ実用的でまともなものを10個買うのはかなり難しい。真面目にやると2時間くらい余裕ですごせる。

商品を購入して帰宅したら実際に配置してテストする。これも真剣にやるとなかなか時間がかかる。同じ系統の商品をいくつか購入して比較するのもなかなか良い。そうこうするうちに晩飯の時間になるので晩飯を作って酒飲んで飯食って風呂に入ったら1日遊び暮せてしまう。

ところで今は大掃除の時期であり、昨日に私は掃除グッズを1080円分購入してきました。気合を入れていったんだけど、なかなか10個もアイテムが買えなかった。年末で忙しいので7個くらいで終了、有意義な時間であった。

f:id:cocolog-nifty:20161230135159j:plain

最近のお気に入りはマイクロファイバーの雑巾みたいなやつなんだけど、商品によって微妙に性能が違う。良いッ!! って思った商品もいくつかあるんだけど、廃番になったりするので新しい商品をテストするしかない。毎日がトライアンドエアラーの繰替えしだといえよう。

最近の私はちょっとだけ掃除が趣味になってきていて、実は大掃除とかする必要ないんだけど、やはり新年を迎えるにあたり大掃除すると気分が盛り上がる。大掃除なしに正月もなしということで、大掃除の伝統は守っていきたいってわけでみさなん良いお年をお迎えくださいサンキュー!!!!

シマノのターニーの変速性能

趣味と自転車

色々あって知人が購入した七分組の自転車を組み立てたんだけど、シマノのターニー(Shimano Tourney TX-35?)が付いてて、調整したらメチャ変速するようになって面白かった。

youtu.be

グリップシフターはラピッドファイヤーに変えてあって、変速に重さなども感じない。持主はあんまり自転車に詳しくないので、ギアってこんなにカチカチ変るものなんだねぇって少しだけ驚いていた。

安物の自転車はギアが確実に変速できなかったり、すごく重たかったりする。ああいうのに乗ってる人は、そのうちギアを変速するのが嫌いになってしまう。これは残念なことだと思う。

10万円だとか20万円だとかの自転車じゃなくても、自分で調査をしてそれなりの商品を選びきっちりと整備すると、心地良く走って曲って止まる自転車になる。心地の良い自転車に乗っていると、ちょとした買物や通勤も楽しくなるよ。