読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

若者はオッさんムシって良いと思う

すでに私はオッさんになってしまったんだけど、すぐに足が疲れてきてダルダルになってブラブラする。すごいブラブラするから足に意識が集中して、知能の低下もただならぬ状態である。こういう人間から学ぶことがあるのかっていうと、皆無だと思う。

俺の足がブラブラするっていうのは事実なんだけど、最近は若者と仕事することが多い。若者というものはすごい。元気だし勢いがある。あと最近の若者は真面目で勉強もきちんとしていて、基本的に偉い奴が多いと思う。私は足がブラブラしてるし会話も面倒なので若者と仕事するの邪魔くさくて仕方ない。だから全部若者に仕事してもらってるんだけど、若者は全部仕事するから偉いと思うし、もう若者はオッさんとかムシって勝手にいろいろしたほうが良いと思う。

そもそも今のオッさんというのは若い頃にオッさんとかジイさんとか初老に最近の若者は駄目だッ!! とか言われてきた世代である。若者の頃に駄目だった奴はオッさんになっても駄目だと思う。いや俺は若い頃から駄目じゃないし、今も全然駄目じゃないお前と一緒にするなって思ったオッさんいると思うけど、我々が若者だった頃は『年長者に逆らうなどもっての外だ』というルールがまだ生きていた。お前が若い頃に駄目じゃなかってって主張した時点で、貴様は年長者に逆らう人間の屑になるからな。どっちにしても俺らオッさんはもう駄目だ。だから若者が全部仕事したほうが良いと思う。

いやいや俺の周囲のオッさんの中にはすごく出来る人いるぞっていう若者がいるかもしれない。しかしオッさんは惰性で過去の動作を繰り返しているだけの自動人形(オートマタ)みたいなものである。優秀なオッさんが歩行している時に、いきなり後頭部殴ったら一瞬動き止まると思う。なぜなら自動人形(オートマタ)だからで、オッさんは予想外の動きに反応できない。君が尊敬していたのはオッさんではなくて、過去にオッさんがした動作でしかない。予想外の動きに反応できるのはやっぱし若者で、もう若者が全部仕事したほうが良いと思う。

とにかく若者は自信を持ったほうが良い。私はもうオッさんだから思い出せないんだけど、多分デカルトが方法序説にこんなことを書いていた。

方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)

若い頃にものすごい考え抜いたことを、オッさんになった今になって考えると、違った結論が出てしまう。しかし今よりもずっと頭が良く、精緻に考えるだけの体力のあった頃に出した結論をオッさんとなり劣化してしまった自分が覆すことは愚かなことである……みたいな感じなんだけど、確かに同じ材料を同じ時間かけて同じ知識量で考えると過程すると、絶対にオッさんより若者のほうが良いものを出力すると思う。だから若者は色々なことを考えておいて、オッさんになった時に備えるべきである。そして若者のほうがオッさんより偉いって結論も出てるんだから、もう若者が全部仕事したほうが良いと思う。そういやあれ書いたのデカルトじゃなくてキケロ?だった気もしてきたけど、気にはなるものの調べるほどの情熱もないしやっぱりオッさんは駄目だと思うので若者がんばってくれ今日も読んでくれてサンキュー!!!

老年について (岩波文庫)

老年について (岩波文庫)