山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

白ご飯世界

日本における代用食の歴史はとても長い。ただし本格的に代用食の探究が開始されはじめたのは、明治時代のことである。混ぜご飯やおからの活用などがあったが、最も盛り上がったのは玄米食だった。

f:id:cocolog-nifty:20170422082026p:plain

玄米は白米と比べ1.3倍の栄養があるため、消費量が7割で済む。玄米の栄養により医療費も減少し、精米費も節約できる。大正八年には、玄米奨励法案建議案が提出され、大阪では70万枚の玄米推奨広告が配られた。震災後には天皇陛下すら玄米食に言及しているのだから、その盛り上がりは推して知るべしといったところである。

f:id:cocolog-nifty:20170422082007p:plain

しかしどの代用食も、本格的な普及には失敗している。失敗の理由を考えると、日本人は白ご飯が大好きだからという所に着地する。基本的に日本人は米が好きである。ある時期には、日本の中心が米がといった位置にまで到達している。

f:id:cocolog-nifty:20170422082255p:plain:h600

それでは昔の人はどのくらい米を食べていたのか? 明治30年代の学生は、1日あたり5合の米を食べている。好きでなくては、これほどまでに食べることはできない。とはいえ、彼らが食べていた白ご米は今と比べると美味くはないだろう。調理器具はもちろん、米の保存状態も今より悪いことは確実である。少し余談になってしまうが、昔の学生が自炊生活をしようとすると、共同生活、今でいうところのシェアハウスのような形態をとることが多かった。これはコストの問題で、一人暮しだとメリットがない。食材を大量に購入し、数人分の調理を一度にすることによって、金銭的時間的なメリットがようやく発生する。その際に起きるのが、誰が米を炊くのかという問題で、やはり技量に差があった。

f:id:cocolog-nifty:20170422083051p:plain:h600

こういった状況は、米が大好きな我々にとっては許し難いことであった。誰もが米を炊き、美味い白ご飯を食べることができる世界が求められていた。

さらに金銭的に裕福な家庭とは違い、白ご米なんて滅多に口に入らないってな人々も存在していた。白ご飯が大好きな我々にとって、そんな状況もまた我慢のならないものであった。白米が好き過ぎるがために、誰もが美味い白ご飯を食べられる世界を作ろうという情熱を、かっての我々は持っていた。

現在、日本で生活していれば、どこにいようと美味い米を食べることができる。湿度と温度が管理できる優秀な貯蔵庫が存在し、発達した流通によって米が店頭に並べられる。パッケージもほぼ完璧、品種改良された米は、生産性が上がっただけでなく、どれも美味い。十万円以上する高性能な炊飯器も販売されているが、数千円の文化鍋を使いこなせば十分以上に美味い米を炊き上げることができる。

f:id:cocolog-nifty:20170422083531j:plain

それほど難しい技術が必要なわけでもない。

  • 米をとぎ水につけておく(1回目の水はすぐに捨てること)
  • 水は米の上1-1.5mm程度の高さ
  • 沸騰するまで強火、沸騰後は弱火で8-15分(パチパチした音が出たら火を止める)
  • 蒸らし時間は5-10分(なくてもいい)

単純に面白いので興味のある人は試しにやってみるのも良いだろう。

トオヤマ 亀印 文化鍋 16cm <2.5合>

トオヤマ 亀印 文化鍋 16cm <2.5合>

米にかける労力の、自由度も素晴しい。家庭用の精米機を購入し、良い水を使えば、異次元の美味さの白飯を食べることもできる。手間を省きたいのなら無洗米もあるし、それすら面倒ならばレトルトご飯で済ますのも良い。都市部ならこういうことが可能というのではなくて、日本であれば離島に住んでいたって実現できてしまう。

もちろん情熱と努力だけで、こういった環境を実現されることはできない。米自体が持つ性能も高い。私は定期的にホームベーカリーでパンを焼くのだが、室温や水の量、そして小麦の質などによってかなり出来が違う。予約機能を使うと仕上がりに影響がある。こういった要素は米にも影響を与えるものの、パンほどではない。米には安定感がある。

全てが今となってはなんでもないことだが、そこには異常なまでの技術と労力が使われている。我々は白ご飯が大好きで、日本全国四六時中、美味い白ご飯を食べられることこそが目標なのだという情熱がなければ、とうてい実現できる世界ではない。

剣道と銃剣道どっちが強いのか大正時代に試してる奴らがいた

子供に銃剣道と剣道のどっちを教えるのか迷ってる人たちが大量にいるんだけど、強い方を教えたほうが良いに決ってる。男だったら誰だってそう思う。女だってそう思うはずだし、大正時代の奴らもそう思ってる。そんなわけで大正14年に銃剣道vs剣道の試合が開催されたのであった。

銃剣道は比較的早い時期に陸軍で採用されていたものの、従来の剣術や槍術の応用に過ぎないとされ、一段低く見られてしまう傾向があった。というわけで大日本武徳会も、銃剣道に教士範士の称号を与えることが長くなかった。陸軍当局の働きかけによって、大正13年にようやく教士の称号が与えられることになる。

しかしながら銃剣道と剣道が勝負をしたら、剣道が勝つだろといった風潮がまだまだ存在している。銃剣道の人らがイライラしていたところ、大正14年に全国剣道大会が開催されることとなった。

銃剣道から教士が出てから初の試合である。ここで勝てば銃剣道の真価を認めされることができる。ものすごい大事な試合だと言えよう。

銃剣道側が用意したのは銃剣道がスゲー上手い人、メチャ気合が入っている。

剣道側は、身長180cm体重100キロのデカくて力のある奴を試合に出す。こいつの必殺技は横面で、くらったら鼓膜が破れてしまうほどの威力がある。使う竹刀は120cmの長さ、とにかく力が強くて、試合中に人の足の骨も折ったことがある。もう剣道とか関係なしにこいつが強いだけでは?といった疑問が湧き上がってくるし、負けたくないのは分かるけど剣道大人気なさすぎるだろっていう雰囲気がある。

身長180cm体重100キロのデカくて力が強く、鼓膜破ったり足の骨を折ってくる奴と試合するのはかなり嫌だと思われる。あとこの時代はルールとか曖昧だからな。こっちが先に一本を取っても、相手が動いてたら試合は続行する。デカい奴は身体も丈夫だから、一本取ろうがなにしようがずっと動いてるから、絶対に一回は殴られる。とにかく最悪である。

で、試合がどうなったのかっていうと、銃剣道側が優勢の相撃ちといった感じだった。ヘーって感じですね。この試合の模様を詳しく知りたい人は次のリンクから読むことができる。格闘技が好きな人は知ってるかもしれない。面白くて良い本です。

国立国会図書館デジタルコレクション - 名人達人決死の大試合

国会図書館デジタルコレクションは読みにくいんで、zipで画像まとめたのもアップロードしておいた。

名人達人決死の大試合(鳴弦楼主人 大日本雄弁会 大正15)

ところでこの時代の本っていうのは、すでに言文一致になっている。わりと洗練されている文章も多くて、現代とあんまり変わりがない。だから誰だって読むのは読める。

だけど文化は今とかなり違う。例えばなんだけど、この書籍では、登場人物のほとんどが異常に勝負に執着する。それでスポーツマンシップみたいなのが、あんまり感じられないもしれない。それはそういう時代だったからで、当時の人々は現代人とは異なる感覚を持っている。別に卑怯だったり狂ったりしているわけではない。この辺りは日本が娯楽としてのスポーツをあまり持っていなかったため、こういう風に受容するしかなかったとか色々な事情があるんだけど、そういうものなのかなって思いながら読むと分かりやすいと思う。

余談だけど数学や科学、あるいは外国語の文章というのは読めないって感じることが多いと思うんだけど、100年前の日本の本もやっぱりある程度まで学習しないとまともには読めない。ただこの本は現代の人でも読みやすく上にかなり面白い。細かいことは抜きにして気が向いたら読んでみてください。

福沢諭吉の合理性が大正時代には群馬の校長へと届いていた

学問のすゝめについて

明治時代の先鋭的な人々は、迷信を嫌う傾向があった。そして合理性を追及していた。彼らは時には病的なくらいに迷信を痛罵し、信仰を小馬鹿にしたりする。

f:id:cocolog-nifty:20170320173622p:plain:h520

彼らが迷信を嫌うのには理由があって、誰もが筋道を立てて考えられる国にしたかったからである。この辺りのことについては、私がかって書いたものがあるので、興味のある方はどうぞ。

山下泰平のタンブラー — 誰もが筋道を立てて考えられる国 01

見様によっては明治時代は、普通の人が理屈で考えられるようになるための時代とすることも出来るくらいで、迷信は排除されるべきものであったし、人々は理屈で物事を考えられるようになろうとしていた。

この「誰もが筋道を立てて考えられる国」の実現に大きな役割を果したのが、福沢諭吉の『学問のすゝめ』なんじゃないかなというのが今の私の推論で、もっというと福沢諭吉の一番の功績っていうのは、迷信を嫌い合理性を追及するというスタイルを普及させたことではないかとまで考えている。

『学問のすゝめ』は明治5-9(1872-1876)年に刊行され、80年に合本とされた。合計で340万冊売れたとされていて、それが正しいとすると全国民の10人に1人が読んだ計算になる。

有名な『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり』ってのがあるけど、これを分かりやすく解釈すると次のようになる。

  • 人体というのは水分だか蛋白質だか炭素だか知らねぇけど同じ物質で出来てる
  • 細かいところを見ると違うけど人体とか物質としては同じだろ
  • 同じだったら同じだろクソ馬鹿野郎が理解しとけ

鉄を二つ並べ物質としての違いあるかっていったら、別に違いない。鉄製の工業製品を二つ並べれば、性能や形に優劣は出るものの、やっぱり鉄はただの鉄である。それは人体も同じことで、人体は人体なのだから変りはない。

ただし人体は、鉄と違って動いたり考えたりする。そしてわりと複雑な社会を作る。だからどうしたら良いのかっていうのが『学問のすゝめ』の大きなテーマであり、そこには冷徹なまでの合理性がある。

少年時代の諭吉の有名なエピソードに、仏像だかなんだかにおしっこかけて天罰ないの確認したり、地域の人が信仰してる石とその辺りに落ちてる石をすり替えて大人が石を拝むの眺めてゲラゲラ笑ったりとか、異常者丸出しみたいなものがある。

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

そういう人格と嗜好の持主が漢学を学んで脳を鍛え、蘭学で理屈を学んだ状態で、西洋へと遊びに行く。様々なものを見聞し驚き感動する。彼は文章が書けたから『学問のすゝめ』を出版し、それがたまたまベストセラーになってしまうっていうのも、なんとも不思議な偶然の重なりを感じてしまう。

良いことはなかなか広がらない

興味のある人は読むと分かるけど、『学問のすゝめ』には、今となっては当り前のことしか書かれていない。

学問のすすめ

学問のすすめ

『学問のすゝめ』が売れたのは、当時は当り前ではなかったからである。当り前にするために、数知れぬ人々が様々なことをしたりしなかったりする必要があった。

合理性を追及するということと、迷信を嫌うというのは似ているようで異る行為だ。しかし明治人はとりあえず迷信を排除しようとした。なぜなら合理性を持った人格を作り上げ、理屈で考えられる能力を養成するよりも、迷信を排除するほうが容易であるからだ。理想とかクソどうでもいいから手っ取り早くできることからやってしまえというスタイルである。

具体的にどうやって広げていくのか? 国による政策ももちろんあった。しかしフィクションの世界や日常の雑談等を経由して、いつまでも馬鹿馬鹿しい迷信や因習を信じているのは恥かしいことだという感覚が広がっていったことも忘れてはならない。

f:id:cocolog-nifty:20170320173738p:plain:h520

何度も同じようなことを誰かが書き、同じようなことをだれかが語る。

f:id:cocolog-nifty:20170320174902p:plain:h520f:id:cocolog-nifty:20170320174908p:plain:h520

こうして化け物なんか存在しない、馬鹿馬鹿しい迷信にはこだわらない、といった雰囲気が流れはじめる。

大正時代にはどうなったのか

ひとつの考え方が発生し、徐々に世の中へと広がっていくまでには、かなり時間と手間がかかる。それでは福沢諭吉の迷信嫌いに限ってみるとどうだったのか? 大正2年の群馬にあった学校の様子を紹介してみたい。

まずこの学校の校長が、日本政府に完璧キレてる。なぜ怒ってるのか? 下記のような理由である。

f:id:cocolog-nifty:20170312145540p:plain

明治の40年代から大正あたりにかけて、神社の祭典への参加や、戦没者の墓へのお参りが奨励されるようになった。この動きに校長は怒っているのである。

そもそも明治32年の8月には『一般ノ教育ヲシテ宗教外ニ特立セシムルノ件』という訓令が出ている。これは学校では宗教的な教育や儀式を行なっては駄目だよっていうものである。なぜ宗教が駄目なのかというと、科学的ではないからだ。

宗教の教育が駄目なのに、なんで神社の祭典への参加は良いのって疑問が出てくると思うけど、国家神道は祭祀で宗教じゃないっていう理屈で強引に押し通している。これにも校長は怒っている。なぜなら理屈が通っていないからである。

教員たちの感想はこういう感じ、概ね馬鹿馬鹿しいっていう雰囲気がある。

f:id:cocolog-nifty:20170312152647p:plain:h520

教師といっても、当時の中学校(わりと高学歴だけどすごく高学歴ではない)を卒業した程度の人間も存在している。まして大都会ではなく、群馬県の学校である。そういった場所にまで迷信は馬鹿馬鹿しいといった考え方が広がっていた。

校長はというと、やっぱりこの命令は理屈が通らないと考えている。

f:id:cocolog-nifty:20170312153425p:plain:h520

そこでは校長は理屈で考えた。まず歴史上の人物を祭った神社の由来を生徒に教える。そして敬うべき理由があるから礼拝するのだと説明をした。神社を一種の記念碑として扱い、歴史上の偉大な人物を称えるという解釈を生徒たちに与えたのである。

f:id:cocolog-nifty:20170312154041p:plain

ここで前回に紹介した催眠術で教育勅語を徹底させろと主張した人間の話に戻ろう。

cocolog-nifty.hatenablog.com

なぜにこんな荒唐無稽な主張が受け入れられた、あるいは著者が受け入れられるだろうと考えたのかというと、もちろん催眠術が科学だからである。(ちなみに催眠術はオカルトはなく立派な科学だと捉えられていた)罵声を張り上げて暗唱100回するよりも、催眠術のほうが効果があるってのは、現代人からすると微妙なものの、一応は理屈として筋は通っている。

私は明治のこういう考え方が好きで、最も格好の良いところだと考えている。現在の日本では、科学が嫌いで理屈で考えない人が多い。教育勅語よりも、理屈で考えようといったスタイルを流通させたほうが、全体的には利益があるんじゃないかなと私は考えたり考えなかったりする。

教育勅語自体も、かっては教育のツールとして活用されていたことがある。教育勅語を暗唱や暗写させるのは、文字を覚え文章の組立方を学ぶという目的も存在していた。どうせ覚えなきゃならないのなら、教育にも利用しようといった至極まともな思考である。もっとも、後々その意味合いは変化してしまうのだが、教育のためのツールとしても利用されていたこともまた事実である。

もちろん今は教育のための技術も進歩して、様々な教材が存在しているのだから、そんなことをする必要はない。形式だけ昔に戻したところであまり意味はなくて、その背景にどのような考え方が存在していたのか、検討する必要があるような気がしないでもない。