読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

大正時代の健康法を5年くらい実行してたら普通になったので1万文字くらいかけて紹介する

私は明治やら大正時代が好きで調べてる。それだけじゃなくて、当時流行してたことを実際にやってみるのも好きだったりする。昔だから今より全てにおいて水準が低いので、実行してもあんまり意味ないんだけど面白いからやってる。

大正時代の健康法も実践してることのひとつで、特に効果とかないけど害もない。ものすごい普通さである。しかしイカれた健康法を続けていると、なんか面白い気分になる。面白くて普通なのは最高だと思う。というわけで私が実際にやってる健康法を紹介をしていく。

一応は書いておくけど、心身健康な人は紹介する健康法を別にやっても良いと思うけど、病気の人は病院に行ったほうが良いと思う。明治大正の健康法より現代医学のが強い。そして基本的に明治大正の健康法は、気合があったら健康になる! 気合を入れろッ!! 魂で勝負だッ!!! ってのが多い。

病気の人は気合とか意気とか魂に勢いがない。

だから明治大正の健康法は効果ない可能性高い気がするし、病人は病院行くのが一番であるというわけで、大正時代の良い健康法を紹介していく。

  • 健康法レジェンド井上正賀
  • 完璧に実行すると死ぬ健康法
  • 最高の呼吸法
  • 最高にめんどうくさくない健康法
  • 良い健康法が産れる時
続きを読む

舞姫の主人公をボコボコにする最高の小説が明治41年に書かれていたので1万文字くらいかけて紹介する

舞姫の主人公をボコボコにする小説が明治41年に書かれていたので1万文字くらいかけて紹介したいと思います。

  • 舞姫の主人公を殴れば解決するのでは?
  • 冒険旅行ブーム
  • 島村隼人、エリスに刺されそうになり豊太郎を殴ることを決心する
  • 舞姫との差異
  • ハイカラを討伐しよう
  • アフリカ人と帰国しよう
  • 世界統一ブームがあった
  • 豊太郎廃人となる
  • 舞姫のために
続きを読む

強すぎる兵隊ギャグについて

かって日本兵は強いっていうのがあった。

f:id:cocolog-nifty:20170205201213p:plain

普通の人はこの辺りのことを丁寧に調べたりしないから、なんでもかんでも戦意高揚のためのものだろ悪だッ!! みたいな認識だと思う。しかしながら日本はすごい!! だから日本兵が強いってだけで終わらずギャグになってしまう。例えば下のイラストだと日本兵がロシア兵を大砲で殴って殺したりしている。

f:id:cocolog-nifty:20170205201301p:plain

オーマイガッ、なんてソウルフルなんだ! 感銘を受けたよ! 日本兵が大砲でロシア兵を殴り殺している! これだから日本が好きなんだ!私が以前日本に行った時にはこんな日本兵はいなかったな。今度日本に行ったら絶対に探してみるよ! という感じで外人もビックリすると思う。

本当に日本兵が強いかどうかは知らないが、大砲で殴って人殺すのは難しいと思う。逆に敵兵が弱すぎてヤバいみたいなギャグもあって、ロシア兵に関するものはこちらに少しまとめてある。

ch.nicovideo.jp

さらに真面目に書いてるんだけどギャグになってしまうパターンもあって、江戸っ子の馬丁がロシアに渡り、ピンチに陥った日本軍を天秤棒で助けるっていう芝居なかがある。なぜ天秤棒なのかっていうと、江戸っ子の代表ともいえる一心太助の武器だからなんだけど、天秤棒持った江戸っ子が武装したロシア軍殺すの無理だろみたいな雰囲気がある。あと日本兵が幽霊になってずっと鉄砲を打ち続けるから外人泣きながら死ぬとか、クダらねーから一々全部書かないけど、強すぎて意味分からねぇよみたいな作品はわりと多い。

難しいのがこういうのは真面目に読もうと思えば真面目に読めるっていう点で、真面目に読んでいた人もいるし、笑いながら読んでた人もいる。この辺りのことも以前に書いたことあるのでよろしければどうぞ。

ch.nicovideo.jp

残念ながら戦争が厳しい状況になってくると、こういう表現は少なくなってくるんだけど、戦前に自国の兵隊が強すぎるっていう状況を使って人を笑かそうとした人間がいるっていう事実が私はわりと好きです。