山下泰平の趣味の方法

これは趣味について考えるブログです

私はこういう人です

この世界の片隅にの評価が高いのはとても良いことだと思う

『この世界の片隅に』って映画があって、戦時中の日常生活が詳しく描かれているらしい。それがわりと評判が高いという話を聞いて、ヘーって思った。ちょっと前だったら観て怒り出す人もわりといたんじゃないかなって感じがした。

私が子供の頃には平和教育?みたいなのがあったんだけど、とにかく戦時中というのは悲惨で最悪だったみたいなのを教えられた。今の私はオッさんだから雰囲気を読むけど、子供というものはバカである。「先生ー戦争中にも調子コイて腹踊りしながら鉄砲で撃たれて死んだ奴とかいるんですかー」みたいな質問してすごい怒られたりした。戦争中にも調子コイて腹踊りしながら鉄砲で撃たれて死んだ奴がいたのかどうか、それは分からないけど、子供だったらそういうことに興味を持つのは当然だと思う。しかしそういった素朴な質問すら許されないといったような重々しさが平和教育にはあった。

大人になってから色々なものを読んだり人に話を聞いたりするうちに、教育を受けたのと違っていて戦争中もわりと面白いことしてる人らがいたってことが分かってきた。日本海側だと魚が採れたから飯大量に食ってたとか、ある時代までは若者が出征する時に宴会好きなオッさんが調子コイてメチャ宴会してたとか(統計データあったと思う)、病気で戦場に行けない兵隊が集まって塩作り作戦?を決行して地元の人とわりと楽しく塩を作りながら生活してたとかそういう話である。

なんか噂と違うよなーって感じだったけど、考えてみれば当り前の話で、人間なんだからどういう状況でも生きてる限りは色々なことする。四六時中苦痛だったりするわけない。私は暗いの嫌いなので戦時中のこととかほとんど調べたりしない。明るくて陽気な明治やら大正時代のことばかり調べてるんだけども、やっぱりそういう時代の人も普通に生きてる。ところがそういうことをそのまま書くと、怒り出す人がわりといてかなり鬱陶しい。かって人が生きてて、なにかをしていたってのは事実でしかなくて、それはそうとしか言い様がない。

『この世界の片隅に』は映画だから、大量の人が観るっていう前提で作ってあると思う。そういう作品が、昔だったら怒る奴らが出てくるような作りになってるのは、個人的にはちょっとした驚きだった。今でも『この世界の片隅に』を見て主人公に戦争責任はないのかッ!!! とか怒り出す人いるみたいだけど、ネットの感想を観る限りは少数派なんだろうなって思う。

出来が良すぎるからなのか、近年急激にそういう人が減ったのか、時代が変ってしまっていたことに私が気付いていなかっただけなのか、それはよく分からないけど、とにかく映画の評価が高いのは素晴しく良いことだと思う。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

会長や社長が南京事件なんかを調べはじめたら諦めるしかない

近代の歴史を調べて遊ぶのは、すごく楽しい。楽しいんだけど、わりと微妙な感じになりやすいっていう特徴がある。

南京事件で検索すると、南京の虐殺はあったッ!!! みたいな人と、南京の虐殺などないッ!! って絶叫してる人ら大量にいる。本格的に昔の事を調べたことがある人は、その妥当性を判断できるけど、普通の人には難しい気する。近代の場合は資料を並べてそれらしくするのってわりと簡単だから、余計に厳しい佇まいがある。この辺りの難しさについては、ちょっと前に書いたことあるんで、普通の人はこういうの覚えておくと便利だと思う。

cocolog-nifty.hatenablog.com

別に個人で勝手に調べてて勝手に遊んでるならいいけど、自分の会社の会長やら社長が南京事件を調べ始めて、すごいそういう話をしてきたり、自分で本なんか書いちゃって配りはじめたら、かなり重々しい気持になる。会長や社長が会長や社長になってるってことは、そういう人格になるように生きてきたってことである。そういう生き方と過去にあった出来事を調べるのが得意な性質っていうのは、かなり懸け離れている。あと単純に会長とか社長って忙しいんじゃないの? だから会長や社長が南京事件について、まともに調べたりできるとはあんまり思えない。それでも本を配られたら、私なんかは人に気を使うタイプなんでお前から学ぶことなんかねぇからって、はっきり言えないと思う。

ワシは論文も読んでるから知ってるんだッ!!! みたいなジイさんいるかもしれない。でも論文だから正しいってのも狂ってるからな。私は歴史に関して素人だし、遊びで調べてるだけとかそういうレベルだけど、近代の文化についてはまあまあ詳しい。あくまで知らない人より知ってるってだけなんだけど、そういうレベルの低い人間でも、近代の文化にまつわる論文を読んでると、すごい微妙な気分になったりする。

分かりやすいんで先ほど紹介した記事でもちょっと触れた事例を挙げると、明治から大正時代にかけて、健康法の本を書きまくってる人がいる。健康法っていっても昔の本だから、レベルは低い。相撲取りは裸で強い。だから裸で暮したら人体は最強になるとかそういう雰囲気である。

f:id:cocolog-nifty:20170129134942p:plain

裸体は人を真面目にする

面白いからっていう理由で、私はその人の書いた本の8割くらいは読んでいる。これは素人の暇人だからできることで、真面目な研究者の人はそんな馬鹿なことしないと思う。

その健康法の人は食べ物のことも書いたりしているんだけど、もちろん作者のカンと当てずっぽうで構成されたいい加減な本である。ところがその食物に関する書籍が、家政史?の論文に先鋭的な例として引用されてたりする。多分引用している人は、作者がどれだけイカれた野郎なのかは知らないと思う。知ってたらこれは論拠にはならんよなって分かる。こういうことがわりとある。

別に私がすごいわけではないし、論文書いてる人が調査不足なわけでもない。そもそもその引用で、論文の価値が減少するわけでもない。ただ近代ってのは難しいし、わりと間違えやすい。こんなすごい瑣末な文化でも微妙な状況なんだから、巨大で複雑な物事について素人がちょっと調べて分かったぞッ!!! ってなるの危険だと思う。

さらに感情の問題なんかもあって、近代のことを調べてて自分の国で昔に生きてた人々が良いことをしてたと知ると、一種のカタルシスみたいなものが得られることがある。その逆もあって、自分の国が悪いことしてると興奮する人もいる。そういう気持になれるように書かれてる本も、わりと販売されている。こういうのがエスカレートすると、自分が見たいように過去のことを見てしまう。

私は暇つぶしに昔の事象をインターネットに書くことがあるんだけど、ネトウヨって言われたこともあれば、クソサヨって言われたこともある。別にあったことを書いてるだけで、ネトウヨもクソサヨもない。しかし気分が良くなりたくて昔の事を調べてると、自分が考えていた事柄と違うことを見せられると怒り出しちゃう感じの脳になってしまう。これは誰もが陥りやすい状況で、偉そうにこんなこと書いてる私もたまにやってしまう。

近代のことを調べるのはメチャ楽しい。一次資料に触れることもわりと簡単にできるし、読めないものもあんまりない。それでもやっぱり、昔のことを本格的に調べるのは難しい。そしてある分野で能力をすごい発揮する人が、別の分野では無能ってことはわりとある話である。だから尊敬する人がとんでもないことを言い出したとしても、そういうものとして受け入れるしかない。

SMAP さんを心配しているライターの人いるけど心配されても SMAP さんは困ると思う

今は便利な時代でスマートフォンに様々な話題のニュースを報せてくれる機能が付いている。それ読むとWEB メディアのライターの人らがすごい SMAP さんを心配している。

知らない人のために説明すると、SMAP さんとは5人でひとつの国民的スターである。その SMAP さんが解散することになって、SMAP さんを応援していた人らはすごい残念だなーって思っているし、とても心配もしている。それは当り前だと思うんで別に良いと思う。ファンなのだから、残念に思ったり心配するのは当然である。

しかし SMAP さんに興味なさそうな WEB メディアのライター?みたいな人らがすごいSMAPのメンバーの人たちを心配しているのは謎すぎる。参考までにスマホのスクリーンショットを張るとこういう感じである。

f:id:cocolog-nifty:20170128172753p:plain

なぜにグーグルはテレビを持っていない私に芸能ニュースをお勧めしてくるのか? ピコ太郎さんとは誰なのか? などといった疑問があるんだけど、とにかく毎回絶対にSMAPさんのことが出てくる。

最近だと木村拓哉よ大丈夫か!!! みたいなことを書いてる人がわりといる。そうやって心配するのは良いけど、木村さん大丈夫かッ!!! とかクダらねーこと書いてるお前よか木村さんのが絶対に大丈夫だろっていう雰囲気ある。木村さんは貯金とかきちんとするタイプな気がするし、今もドラマに出てるから給料あるし、絶対にお前より大丈夫だと思う。

あとちょっと前には、セッセーターに星が五つあった!!! とか、香取と草ナギ(#草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀)がラジオで音楽を流したのは木村へのメッセージだッ!! みたいな単なる妄想みたいな記事を書いてるライターの人らもいて、こいつらSMAPさんのこと心配しすぎて頭おかしくなったのか? ってすごい不安になってしまった。

WEB ライターの人らの正気も疑わしいけど、憂国の志士ブログみたいなのを書いてる人までも SMAP さんを心配していて、40歳を過ぎた男が自分の意見も通せないでどうするんだッ!!! とか書いててヤバかった。憂国する志士がなぜに SMAP さんを心配するのか? 国を心配しなくて良いのか? 憂国の志士は奥さんに逃げられて一人ぼっちだから自分の意見を通せるかもしれないけど、 SMAP さんは人気ありすぎて色々諸事情あるんだろうなって推し量ってあげることは出来なかったのか? そんなんだから奥さん逃げたのではないのかとか、すごい様々な思いあったけど、まさか憂国の志士から心配されるとは思ってなかったろうし、流石の SMAP さんもビックリしたことだろうなぁって思いました。

ちょっと考えてみて欲しいんだけど、ライターの人とか憂国の志士の人は、知らない人から心配されたらかなり欝陶しいとは思わないのか? そりゃ SMAP さんは人気商売の芸能人なので、ムシられたらそれはそれで困るんだろうけど、心配されすぎたら疲れると思う。ライターさんとか憂国の志士の人は SMAP さんの立場で考えることは出来ないのか?

ところでちょっと話は変わるんだけど、私は週末に業務用スーパーで5本で39円のチクワを2つ買ってきて、作り置き用の料理をします。

f:id:cocolog-nifty:20170128173056j:plain

レシピはこういう感じ。

  1. サラダ油でチクワを炒める
  2. 頃合を見て醤油、料理酒、砂糖を入れる
  3. 照りが出たらゴマをかけて完成

しみじみと美味い上に、弁当のスペースが詰ってすごい便利である。これは私のお気に入りの作り置き料理で、作り終ってヤッターって思ってたら、いきなり SMAP の中居正広さんが39円のチクワとか安すぎてヤバそうだし、そもそもいつも同じもの食べてたら飽きるよね止めときなよってすごい心配してきたら色々と面倒くさいと思う。心配してくれるのはありがたいけど、私は安いチクワの味が好きなのと、味付けも毎週微妙に変えているので大丈夫ですとしか言い様がない。

これだけならまだしも SMAP は5人でひとつのグループである。草なぎ剛(#草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀)さんがトレイルランシューズを毎日履いてるみたいだけど流行ってるわけでもないし、そもそもダサいよねって心配してきたら、これまたすごい面倒くさい。私はトレイルランシューズが格好良いとも思ってないし好きなわけでもないけど、アマゾンで防水の安いスニーカーを選んだらこれになりました雨の日に自転車乗るのに便利なんですとか説明しないといけない。

説明して一安心って油断したのも束の間、SMAPのチームワークはすごい。いきなり背後で人の気配がする。振り返ると、去年は痔瘻になって大変そうだったよね、放置してたら治ったって言い張ってるみたいだけど一度きちんと検査を受けるべきだと思うってすごい私のことを心配してくれる香取慎吾さんが立っている。言ってることは完璧に正論なので、様子を見て病院へ行こうと思っていますって答えるしかない。

続いて稲垣吾郎さんが毎週末に排水孔にパイプマンを流してるみたいだけど、自然環境のことも考えようよって心配してきたら、少量しか流してないのでトータルの量は一般家庭と同じだと思いますって説明しないといけないからすごく疲れると思う。

なんで窓の鍵を閉めておかなかったのかなーとか思いながら、在宅してるのにしっかりと戸締りして、晩飯を食い終って余ったご飯を冷凍するためラップでおにぎりにしてたら、どこから入って来たのかは知らないが、コスパ考えると日立ラップ(業務用)しかないっしょって木村拓哉さんが私のことを心配してアドバイスしてくる。

ヒタチラップ 30cm×250m 長巻タイプ 業務用

ヒタチラップ 30cm×250m 長巻タイプ 業務用

業務用スーパーに売ってるから通販は止めとけよと言い残し去っていく木村さんの背中に向って、ありがとうございます今度から日立ラップにしますとお礼を言う必要が出てくる。

あー今日は面倒くさい一日だったなーって思いながら風呂に入り寝て起床して出社しようドアを開けると、ずっと前にメンバーだった森且行さんがいて、最近は寒いから靴下二重にしてるみたいだけど痩せ我慢できない男はダサいと思うとか意見を言われても、私は寒いの嫌なので靴下は二重するわけだけど、この様に毎日毎日 SMAP のメンバーが心配してきたら、WEBライターの人や憂国の志士はどう思うのか? そりゃファンなら嬉しいかもしれないけど、別に SMAP の人らを知らない人間ならば、絶対に嫌な気持になると思う。

自分がされて嫌なことはしないっていうのはとても大切なことで SMAP に心配されすぎたら嫌な気持になるんだから SMAP を心配しすぎるのは止めたほうが良いと思う。というかお前とか俺とかより SMAP さんのが安心感ある人生を送ってるんだから心配する必要ない。もしかしたらお前はすごい安定した暮しをしてるのかもしれない。しかし俺は39円のチクワとか3パック38円の納豆とかずっと食ってて、すごい不安な人生を送ってる。そんな私が無駄にみなさんのことを心配しながら作った標語を今からプレゼントするわけだけど、すごく鬱陶しい気持になると思う。この標語を読んで、見ず知らずの自分より不安定な奴から心配される嫌さ加減をご理解頂けましたら、これほど幸いなことはございません今日も読んでくれてサンキュー!!

  • 止めようよ 自分がされて 嫌なこと
  • 止めようよ 余計なお世話と 暴走運転
  • 備えよう チクワを炒めて 週明けに
  • 納豆は 冷凍できる 食品だ
  • 貯金しろ 他人に心配 する前に

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

  • アーティスト: SMAP,槇原敬之,工藤哲雄,都志見隆
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/03/05
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 404回
  • この商品を含むブログ (108件) を見る